DVDをコピーするにあたってなにが必要なのか

DVDコピーをするにあたってどんな準備が必要なのか。 - DVDコピーを業者に依頼する方法

DVDコピーを業者に依頼する方法

一言でDVDと言ってもバックアップイメージデータや自身で作成したプロモーションDVDなど様々あると思いますが、万が一お持ちのDVDが破損した時は中のデータを失う事になり兼ねません。
その為、予備のDVDを作成しておけば上記のような場合にもデータを失わなくて済むのではないでしょうか。
一般的にDVDコピーを行う方法はフリーソフトなどを使用して作成する方法と業者に依頼をしてプロダクトなどの安全面が高いDVDを作る2通りが考えられます。
では実際に業者へDVDコピーを依頼する時にはどのような流れで依頼すれば良いのでしょうか。
勿論DVDからDVDだけではなくVHSのデータをDVD焼き増しする事が出来る業者も数多くあります。
もしも、業者に依頼する時は両者とも基本的な流れは一緒で、先ずはオンラインから必要事項を記載し申込みを済ませます。
次に申込みをした業者へマスターテープを送付し見積もりを立ててもらいます。
業者が提示した見積もり金額に納得がいけば、実際に依頼をしてダビングをしてもらいます。
そして、完成したらそのお店で決められた支払方法で作成代金をお支払し、支払確認ができ次第、完成した商品とマスターテープが依頼主の元に送られてきます。
iokyuf
以上が基本的な流れですが、依頼する企業によっては代金先払いであったり、内容にマスターテープの内容によってはコピー依頼を断られてしまう事もあります。
よって、業者に依頼する場合は事前に金額や依頼から納品までの流れを調べるようにしましょう。
DVDのみならずCDやブルーレイなどの複製を行う際はコピーを作成して良い物と悪い物があります。
一般の方は普段見ているドラマや映画などをレコーダーなどに録画してDVDを作成すると思いますが、レコーダから録った映像を複製し無断で第三者に渡すと著作権法違反になる場合もあります。
よって、DVDコピーを行う時には注意すべき事があるのです。
又、最近のDVDやブルーレイにはプロダクトと呼ばれるコピーを防止する加工がされているものが多いです。
もしも、このプロダクトを解除して複製を行う事も上記と同じように、著作権法違反にあたります。
そもそもコピー防止の加工があるという事は閲覧目的で作成された物であり、複製出来ないようになっているのです。
もしも、この規範を破ってまでデータを複製してはいけないのです。
万が一上記の内容を破って第三者にレンタルや販売を行う事も犯罪になるので気を付けましょう。
最近ではDVDコピーを代行してくれる業者がありますが、どのような内容のデータなら複製が可能なのでしょうか。
基本的には過去に作成したバックアップデータや自身で撮影した動画、プレゼン用の映像などオリジナルの物であればコピー出来る可能性があります。
簡単に言えば自身で作成した内容のデータであれば複製しても著作権法違反にはならないのです。
しかし、仕事で作成したデータを複製して、外部へ漏らしてしまうと企業情報漏洩や個人情報漏洩になる可能性がある為、データの取り扱いや保管には厳重な注意をしましょう。